書と水墨画 Japanese Calligraphy & Sumi-e

2013年から書道と水墨画を始めました。現在は、水墨画講師をしています。

カテゴリ: イベント Event

2020年2月5日から9日までロサンゼルスでLA Art Show が開催されました。

IMG_9091

今年で開催25年目を迎えるLA Art Showは、全米のみならず、世界的に見ても大変規模の大きなアートショーで、5日間の来場者数は5万5千人を超え、23か国から130以上の画廊が参加します。絵画、彫刻、インスタレーション、写真、ファッション、デザイン、映像、あらゆるジャンルのアートが展示されます。

IMG_8867

今年もアカデミー賞を受賞されたカズ・ヒロさんの作品。オープニングでは、ご本人が作品の前で取材を受けていらっしゃいました。

IMG_8987

ニューヨークのギャラリーが取り扱う、エッシャー・コレクション。エッシャーの貴重で珍しい作品が多く展示されていました。

IMG_8957

草間彌生さんの作品も出展されていました。

IMG_9236

ギャラリーのみが出展可能の、作品売買がメインのアートフェアのため、アートコレクターが多く訪れますが、もちろん一般のアートファンも入場できます。オープニングにはハリウッド映画関係の招待客が姿を見せたり、個性的な衣装で会場を歩く人がいたり、ロスという場所柄、とても明るくてオープンな雰囲気です。

IMG_8978

会場は犬もOK。

IMG_9245

今年のLA Art Showでは、前衛書家の千葉蒼玄先生が、特別企画展示の一つとしてフェアの主催者から招聘され、東京都美術館で昨年開催された、上野アーティストプロジェクト「見る、知る、感じるー現代の書」 で展示した作品を出展することになり、私は通訳として同行させて頂く機会に恵まれました。

千葉先生の作品は、北井画廊を通じて海外のアートフェアに数多く出展されています。北井画廊は、現代書や墨作品、現代美術作品を中心に取り扱っている、千代田区の国立劇場目の前に居を構えるギャラリーです。画廊オーナーの北井さんは、まだまだ埋もれている優れた作品を世に広めるべく、年中海外のフェアを飛び回っていらっしゃいます。

「3.11 鎮魂と復活」は、東日本大震災に関する新聞記事がびっしりと書かれた作品で、遠くから見ると津波のように見えます。幅12.6メートル、高さ3.6メートルで、会場の壁面を埋め尽くす大きさのため、14枚のパネルに分解してシッピングされました。表具屋さん2名も同行し、フェア前日に設置作業が進められました。


IMG_8398


「3.11 鎮魂と復活」は、特別企画展示ということもあり、ひじょうな注目を集めました。日本人であれば文字をつい読んでしまいますが、日本語が読めない外国人は書としてではなく、アートとして鑑賞するため、多くの人が「Beautiful!」を連呼しているのが印象的でした。

IMG_9340

アメリカのメディアから取材の申し込みもあり、作品の背景や、作品制作の動機などの質問がありました。

IMG_9098

感激して作品の前で踊りだす人も。

IMG_8998

会期中は毎日、千葉先生によるライブパフォーマンスが行われ、大筆を使った前衛書、篆刻、小筆を使った作品制作の様子などが披露されました。

日本の書道展などでもよく行われるライブパフォーマンですが、決定的に違うところは、日本では破棄されてしまう作品も、こちらでは立派な作品としてきちんとした値段をつけて販売されるということです。こちらの作品も、いくらで売っているのかと多くの問い合わせがあり、実際には約100万円の価格が付けられました。今回のライブパフォーマンス作品は、ロサンゼルスアートショーの創始者兼プロデューサーの方が所望され、寄贈品という形でコレクションの一部に加えられることになりました。

IMG_9278

その場で印を注文された女性。彼女もアーティストで、印はご自分の作品に使いたいとおっしゃっていました。

IMG_9397


「鎮魂と復活」は美術館レベルの作品のため、一般の方に販売することはなかなか難しいですが、隣接して設置された北井画廊ブースには、小品が展示即売されました。千葉先生の作品は、30万から40万円くらいの価格がつけられ、アートコレクターの方が購入されていきました。

IMG_4890


北井画廊以外にも日本や韓国、中国から出展し、墨作品を扱っている画廊がありました。
こちらの日本人作家Yuuko Suzukiさんの軸装作品は、約36万円。

IMG_9208

こちらの韓国人作家Jeong Kyoungさんの軸装作品は約83万円。

IMG_9185


日本では、書道や水墨画などの団体に所属している場合、公募展や展覧会の作品を販売したり、ビジネスにしたりということはほぼ皆無に近い状況です。

皆さん多大な労力、費用をかけ、何十年も鍛錬を積んで技術を磨きあげ、その努力の結晶としての作品を制作されていますが、ほとんどの方が「制作した作品は押入れの中に積まれたまま」とおっしゃいます。

今回のフェアに参加してみて感じたのは、日本の書道や水墨画も、内向きな場所にとどまっているにはあまりに勿体ないということです。もちろん、団体に所属せずに個人で積極的に活動をされている方も大勢いらっしゃいますが、全体的に見れば、書道界や水墨画界はまだまだ閉鎖的な世界です。

また、欧米に行くといつも感じることは、アートが人々の生活の中に自然と溶け込んでいるということです。市場の評価とは関係なく、自分が肌で感じていいと思ったものを積極的に取り入れるという文化があるからこそ、お金持ちのコレクターだけではなく、一般人コレクターたちによるアートビジネスが成り立っているのだと思います。

美術館の多くは無料で、学校の授業でも美術館巡りが積極的に取り入れられているため、幼いころから質のいいアートに直に触れ、自分の感覚を育てる機会が多いのも大きなメリットではないでしょうか。

ロサンゼルス現代美術館(MOCA)。入館無料。平日だったため、子どもたちが学校の課外授業で大勢訪れていました。

IMG_8808


ゲッティ美術館の庭園。広大な敷地に、膨大なコレクションを収蔵した展示館がいくつも設置されています。こちらも無料。

IMG_9052


自分に何ができるかはまだまだ模索中ですが、今回のアートフェア参加を通じて、色々なことを考えさせてくれる貴重な機会を頂けたことに、心から感謝したいと思います。

(by ブログ管理人)

【追記】

今回このフェアにも参加され、二度目のアカデミー賞を受賞したカズ・ヒロさんに関する、中川まろみさんの記事が興味深かったのでご興味ある方はリンクご覧下さい。

アメリカ国籍を取得したカズ・ヒロさんが、日本での経験が受賞に生きたかと問われ、「too submissive (周りに合わせ従順であることを強要する)な日本の文化の中で夢を叶えるのは難しく、そんな文化の中で疲弊してしまった」と答えています。中川さんは、「too submissive」というキーワードを核に、現代の日本社会が抱える問題の提起をされています。

どの文化にも一長一短ありますが、それがよく見えるのも外に出てみればこそ。年を重ねるとだんだんと国内を離れるのがおっくうになってきますが、たまには外に出るようにしたいなと改めて感じた管理人でした。


天王洲アイルで12月1日まで開催中の、CHANELマドモアゼルプリヴェ展に行ってきました。

IMG_4873

元々ハイブランドは自分とは関係のない世界だと思って興味もなかったのですが、仕事で関わるようになってから実際に店舗のインテリアや商品を間近で目にするようになると、莫大なお金をかけて才能あるクリエイターたちの能力を集結させて作り上げた世界はやはり美しく魅力的で、すごいものなんだなと気が付かされました。色使いや見せ方など、書と絵を勉強する自分にとってもとても勉強になります。

CHANELマドモアゼルプリヴェ展は、そんな世界を垣間見させてくれる展覧会です。入場は事前予約が必要ですが無料で、来場者には漏れなくオリジナルポーチのプレゼントもついてきます。

白、黒、ベージュ、赤、ゴールドと、それぞれの部屋をテーマカラーごとに分け、その色に合わせた贅を凝らした衣装が展示されています。

8DB4BA68-978F-4E1B-A937-21EBE0A8D4CA

29B7D4E9-8D58-408B-9931-7F1BA1FD119E

IMG_4888

展覧会期中は数種類のワークショップも開催され、私は刺繍ワークショップに参加してきました。
大きな布に参加者が少しずつ刺繍を施し、会期終了後、その布は着物に仕立てられ、ブティックに展示される予定とのことでした。

IMG_4945

天王洲アイルにある会場の周りにはお洒落なカフェやレストラン、ショップも並んでいるので、天気のいい日のお散歩もおすすめです。

私のお気に入りのインターネットラジオ番組オッターバのスタジオも会場のすぐ隣にありました:))

IMG_4866


1月26日から2月3日まで、上野の「Gallery心」にて、「料紙と花」という展示会が開催中です。銀座線の稲荷町から徒歩約5分の、古民家を利用した素敵なギャラリーです。

IMG_7707

こちらで、小室かな料紙工房の小室久さんによる、美しい料紙の作品が展示・販売されています。小室さんは、茨木県常陸太田市に工房を構え、伝統的な技法で仮名料紙の制作を行っていらっしゃいます。

小室かな料紙工房

紙の染めから、版木の彫り、箔加工など、すべての工程を一人で行われているとのことです。料紙とは、主に仮名作品を書くための紙ですが、もはや料紙そのものが芸術作品です。

扇形の料紙
IMG_7706

小屏風。
IMG_7679

小屏風には、細かい絵がデザインされていますが、銀を使って、面相筆で全て手描きされているとのことでした。古筆の本を参考に、再現されているそうです。

IMG_7683

展示会期間中、こちらの2階で仮名料紙のワークショップが開催されています。天井も高く、古民家のよさをそのまま残した空間です。来年は再開発のため、残念ながらこの建物は取り壊されてしまうとのことでした。

IMG_7704

今回のワークショップでは、「継紙」という技法を学びます。
小室久さんが直々に指導して下さいます。

IMG_7678

まず、5枚好きな紙を選びます。様々な紋様や、金箔が入った美しい料紙が並んでいて、どれにしようか悩みます。

IMG_7658

選んだ料紙5枚。
IMG_7660

料紙5枚を重ね、一番上に型紙を乗せます。
IMG_7662

型紙の線に合わせて、彫刻刀を上から押すようにして、料紙に切り込みを入れていきます。

IMG_7673

IMG_7669

1枚のハガキ大の紙が、このように分かれました。

IMG_7675

このままだと、切り込みを入れた部分に凹凸があるため筆の走りが悪くなるので、裏面からやすりをかけて滑らかにします。

IMG_7681

次に、刷毛でのりをつけて、紙を貼り合わせます。のりは、小麦粉からグルテンを分けたデンプン「生麩糊」を使います。文化財の修復などに使われているもので、しわになりにくいのだそうです。

IMG_7693

生麩粉に水を混ぜ、弱火で1時間ほど煮たものを刷毛につけ、料紙の裏側に塗っていきます。

IMG_7687

自分の選んだ5枚の中から好きな色を組み合わせ、紙を貼り合わせます。

IMG_7688

完成です!
参加者それぞれ紙の選び方に個性が出て、色々な味わいの継紙がであがりました。

IMG_7701

2時間ほどの作業でしたが、実際に体験してみると、本当に様々な工程をすべて手作業で行うということがわかります。仮名料紙とはどのようなものなのか、ほんの一端でも知ることができ、貴重な体験になりました。

清和書道会創立者で、私の祖父でもある植村和堂氏は、古筆収集家としても知られていました。
膨大な数のコレクションのうち、文化財として特に貴重なものが数十点、東京国立博物館に寄贈されています。

国立博物館の壁面にある寄贈者一覧 
IMG_5367

IMG_5366

書道会によっては、自身で保管しているコレクションを、勉強会やイベントの際に会員や一般に公開したりしてるケースが見られます。

博物館に寄贈された場合、それを会の皆にも見せてもらうことはできないものだろうか?と前々から願っていたのですが、博物館の方にお願いしてみたところ、観覧会の開催を快諾頂きました!

観覧ツアーは、8月未明、東京国立博物館本館の地下で行われました。
学芸員の方に、会場まで案内して頂きました。

裏の扉から入り、
IMG_5311

2トンの重量に耐えられるというエレベーターで地下におります。
IMG_5315

昭和レトロな雰囲気の漂う、長い廊下が続きます。
IMG_5316

鑑賞会が行われた部屋。
IMG_5317

寄贈品の中から、観覧を希望した古筆が並べられていました。
今回は、11世紀から13世紀のものを中心に、7点鑑賞します。

IMG_5364

学芸員の方が、一つ一つ壁にかけてくださいます。

古今和歌集巻20断簡(関戸本) 伝藤原行成筆 平安時代 11世紀

IMG_5325

仮名書道をやっている人ならば必ず臨書する関戸本。
ガラスケース越しではなく、目と鼻の先でじっくり鑑賞することができるので、墨の色や線質、紙の質感など、直に感じることができます。平安時代のものなのに、墨の色が全く褪せていなくて、本当に美しいです。

IMG_5324

拾遺抄切 伝藤原公任筆 平安時代 11世紀

IMG_5328

紙には雲母が引いてあり、光を当ててみると、表面がきらきら光ります。

IMG_5335

針切 伝藤原行成筆 平安時代 11~12世紀
小さくて細かい字ですが、筆遣いが鋭く、エネルギーを感じる作品です。
IMG_5337

軸に使われている布も凝っています。室町時代のころの布だそうです。
古筆鑑賞は軸も含めて鑑賞する面白さがあるので、是非軸装にも注目してほしいと、使用されている生地や軸の決まりごとなどに関して学芸員の方が色々説明して下さいました。

IMG_5339


古今和歌集断簡 藤原定実筆 平安時代 12世紀
料紙に蝋箋が用いられています。

IMG_5343

古今和歌集(通切) 【重要美術品】伝藤原佐理筆 平安時代 12世紀
重要美術品とは、昭和はじめの制度で、国外に貴重な美術品が流出しないように指定されたものとのことでした。

IMG_5346

昭和18年に指定されたもののようです。巻物と一緒に入っていた書類。
IMG_5347

こちらも一緒に箱に入っていたハガキ。古物商から植村和堂宛のハガキで、「120円で買いませんか?」と書いてあります。

IMG_5348


記録切 藤原定家筆 鎌倉時代 13世紀
藤原定家の日記断簡。
IMG_5356

御文庫切
藤原家良筆 鎌倉時代 13世紀

IMG_5362

学芸員の方にご説明を頂きつつ、2時間くらいじっくりと至近距離で鑑賞することができ、古筆を肌で感じる、すばらしい体験をすることができました。

急に決まったツアーではありましたが、この貴重な機会、これからの書道会を担っていく会の若手の方たちにも経験して頂きたい!と思い、若手書家の方たちにも希望を募ってはいたのですが、あいにく組まれた日程が平日ということもあったため、今回は参加できた方が僅少だったのが残念ではありましたが、幸いにもまたこのような観覧の場を設けて頂けるとのことでしたので、次回は少しでも多くの方が参加できたらいいなと思います。

旅の最終日は、清末の1904年に発足した、篆刻を中心とする学術結社「西泠印社」を訪れました。
2011年に世界遺産として登録された杭州郊外に位置する西湖の畔に印社本拠地があります。

西泠印社入口前の景色。
中国旅行80

今回の旅行を通じてずっとどんよりとしたお天気でしたが、黄山しかり、こちらの西湖も曇り空や時雨が似合う風景で、とても風情がありました。まさに水墨の世界です。この周辺のエリアは大変人気があって、不動産の価格がとても高いとのことでした。

中国旅行81

印社の入り口。
中国旅行82

内部の庭園。朝一番だったので、人影もまばらでとても静かでした。
中国旅行83

ここを訪れた最大の目的は、敷地内にある本店で印泥を購入することでした。まだ朝早くてお店が開いてなかったので、涼しくて気持ちのよい空気を吸いながら、庭をしばらく散策。
中国旅行84

9時半にオープンしたお店は日本語を話すスタッフがいて、ドルも円もOK。今回の旅行で思いましたが、そういう場所は大抵価格が観光客プライスな気がします。こちらも予想していたよりかなり高い値段で販売していて、1両が安いもので6000円、高いもので10000円しました(ちなみに、4個買うと5個目はタダ)。ただ、西泠印社というとブランドなので、本店に来た記念にと、参加者はほぼ全員が数個購入。午後のフライトに間に合うように上海に戻らなくてはならないので、あまり時間もない中、店員さんたちの売り込みも激しく、皆慌ただしく品定めをしていました。少し他の人たちより早く終わったので、バスに戻ろうとすると、入口近くの同じ敷地内のお店が少し遅れてオープンしたところだったので入ってみました。そこにも同じような印泥が売っていましたが、値段は半分!品質の良し悪しは不明ですが、同じ印社の庭にある、同じブランドの、同じサイズと色のもので、なんで値段が半額なのかは不明でした。。。(ちなみに、こちらにいた店員さんたちは日本語ができませんでした)。

幸い渋滞もなく、上海の空港には時刻通りに無事到着しました。
4泊5日の短い日程でしたが、文房四宝の故郷で、それぞれの製造過程を見学することができて、とてもよい経験ができました。
何事にも共通したことですが、やはり実際に目にしてみるのは大事だなと改めて思いました。

そしてガイドの羅さんのおかげで、食事も大満足!帰国後驚いたことは、あんなに朝昼晩食べ続け、移動は全てバスでほとんど歩かなかったのに、体重が増えていなかったことでした。中華料理、すごいです!

↑このページのトップヘ