橙月水墨画教室 Sumi-e class in Tokyo

西日暮里と世田谷用賀で水墨画教室開催中です。 渋谷の国際墨画会では、英語クラスを担当しています。 Sumi-e class in Nishinippori and Setagaya (Yoga) in Tokyo. International Sumi-e Association in Shibuya, English class lecturer.

カテゴリ: 国際墨画会渋谷本部英語クラス

今月の国際墨画会講師資格コースのテーマは「雪景色と古民家」。
刷毛を使って、空を一筆で描き、紙の白を雪山として表現します。
刷毛の片側に墨をつけ、グラデーションをつけて描く、片隈法という技法を使います。

The theme of this monght Sumi-e class at International Sumi-e Association is "Snowscape with Japanese old houses".
We use a wide brush to paint a sky with one stroke and express a snow mountain by leaving a white space of the paper. This stroke can be made by loading one side of the wide brush with ink, and make  gradation.

image0

一見簡単そうに見えますが、刷毛の水分、動かし方、グラデーションの作り方など、コツと練習が必要です。始めはなかなかグラデーションがうまくいかず、生徒さんも何度も練習されていました。

Everyone says it is not as easy as it looks! You need some practice to get used to use the wide brush. 

image2

刷毛の練習の上に、木の枝の練習。筆を一度ついてからゆっくり線を引くとうまくいきます。
入筆を急いで慌てて線を引こうとすると、慣れないうちはなかなか安定した線を引くことができないので、落ち着いて線を引くように何度か練習してもらいました。

In the class, we have also practiced to make a straight stroke to paint brunches.

image1

皆さん、クラスに参加されてまだ数回の水墨画初心者の方ですが、2時間のレッスン後、とても素敵な作品に仕上がりました。
After 2-hour lesson, everyone has completed lovely snowscapee paintings :))
It' s amazing that they have only started to learn Sumi-e a few month ago! 

image2


image1

image0




English will follow

水墨画は、基本の描き方さえ学べば、実際にスケッチをしたり写真を見たりしなくても、誰でもそのモチーフを描けるようになるので、初心者の方でも気軽に絵を楽しむことができるのが大きな特徴です。

この日のレッスンは、菊の描き方です。

生徒さんは、水墨歴2年ほどの、ブラジル人のMさん。
国際墨画会の講師資格コースに通っていらっしゃいますが、毎年夏にブラジルに帰国されるため、今まで参加できなかった課題を学ぶために、補講という形で3時間のプライベートレッスンを行いました。

線で花びら一枚一枚を描く方法と、面の一筆で花びら一枚一枚を描く方法、2パターンを学びました。

花びらを線で描く菊。葉は滲みを利用して、面描きの丸で表現します。
花びらの線が繊細で、葉の濃淡も出ていて、とてもきれいに仕上がりました。
2D65BF43-40BF-4160-A88A-7915FCE18BB7

二つ目は花びらを面で描く菊。筆に絵の具を含ませて、一筆で花びらを表現します。
簡単にグラデーションが作れて綺麗に描くことがでる技法ですが、筆使いに慣れるまで苦戦される方が多いようです。

Mさんも、始めの方はうまくいかず、何度も練習されていました。
5E2280CB-1857-48E3-AEBD-C41B106BD9AA





















レッスンが終わる頃には、こちらの菊もマスターされました!
時間の都合上、葉が乾いていなかったので葉脈を描き終わっていませんが、綺麗な作品が仕上がりました😊
B45BBD6D-A677-4130-A670-E2C22564846F

This is about 3 hours sumi-e private lesson held last week.
The lesson was about how to paint chrysanthemum in two ways: 
1) paint a petal with outlines, and 2) paint a petal in one stroke.
She first strugled to make brush strokes to paint petals with colours, but finally, completed beautiful pieces,  and managed to learn how to paint chrysanthemum in two ways!




第4水曜日の英語クラスを今年から担当しています。
10月の課題は「建物のある風景」です。
前半2時間のモチーフは、「原爆ドーム」。透視図法(パース)や、構図について簡単に学んだ後、1枚の同じ写真から各々下絵を作成し、下絵の上から墨で線描きしていきます。

同じ写真から作成しても、どうやって表現したいかは人それぞれで、構図や線質などに個性が出るのが絵の面白いところです。

数か月前に水墨画を始めたばかりの日本人のTさん。とても丁寧で綺麗な線を描くのが得意です。
広い空を描きたいとのことで、空の余白が多めの構図です。
A2E2811E-8E2D-4180-BAFF-B0372C649EAF

風景画が好きで、水墨画の前は西洋画を学んでいたというフランス人のNさん。
さすが風景画が好きというだけあって、雰囲気のある絵に仕上がりました。
704FDD88-A061-4231-8F3B-572A6FD084DC

美術史の講師をしているというブラジル人のMさん。
建物の遠近が出ていて、存在感のある絵に仕上がりました。
74266E33-C80F-42B2-877A-7FB2A31835DB

授業後半は自分のスケッチを元に、自由に「建物のある風景」を描いてもらいました。
五重塔やお寺など、日本らしいモチーフを選ぶ方が多かったです。
時間切れで授業内では完成できませんでしたが、次回の授業で提出になります。


今年に入り、水墨画の講師を始めました。

授業の参考に、水墨画と一緒に近代詩の俳句や和歌も入れたものをかいています。
お手本1

簡単な筆使いでも作品になるのが、水墨画の大きな魅力の一つです。
IMG_3348


現在は、国際墨画会の渋谷道元坂にある本部教室で、クラスを担当しています。
基本は日本語での授業ですが、英語でもサポートを入れながら、毎月異なる画題をテーマに勉強しています。生徒さんは、日本人の他に、アメリカ人、メキシコ人、ウクライナ人と、国際色豊かで、とても楽しい雰囲気です。

数か月前に始めたばかりのウクライナ人のVさん作品。
岩の描き方を学んだ回に描かれたものです。
鈴虫と草を添えて、可愛らしい作品になりました。

生徒さん2

ブラジル人のMさん作品。
樹の描き方を学んだ回に描かれたものです。
ポルトガル語の詩を添えて、とてもお洒落な作品になりました。

生徒さん1

アメリカ人のLさん作品。
先月スタートされたばかりの生徒さんです。
この作品を描いた時は、この日初めて筆を持ち、硯や墨も初めて見た!とのことでした。

生徒さん3


書作品の余白に絵が入るとまた雰囲気が一変し、楽しい作品になります。
渋谷のお教室の他に、世田谷区の用賀・上野毛でのお教室や、出張教室も開催予定ですので、ご興味ある方は是非

info@japaneseinkart.net

までご連絡下さい。書画の小品を作成してみたい方や、一から水墨画を学んでみたい方、水墨画講師資格取得をお考えの方等、様々なニーズに対応させて頂きます。

国際墨画会が主催する体験教室の講師をさせて頂きました。

水墨画の道具や筆使いなどの基礎知識の説明の後、実際に墨で竹の作品を仕上げて頂くという、約2時間のコース内容です。

この日体験して頂いた方は全くの初心者とのことでしたが、とてもきれいな色が出ていて、完成度も高いものができあがりました!

現在オーストラリア在住のため、オーストラリアでいずれお教室をされたいとのことでした。これからのご活躍が楽しみです。


IMG_4543

↑このページのトップヘ