カテゴリ: 展覧会

今年の10月に銀座セントラルミュージアムで開催された「書道芸術院秋季展」より、千葉蒼玄先生の作品「Labyrinth」。

100人が観たら、100通りの感じ方があると思いますが、何に見えますか?

IMG_5908

私には、塊をカポッと二つに割って開いた断面図みたいに見えました。
塊は、ある宇宙や異次元世界が凝縮されたもので、右のごつごつとした模様はその世界を覆っている外側の殻、左は宇宙の中身で古代人が踊ってるみたいなかんじです。

現代書はあまり馴染みのない方も多いと思いますが、既成概念にとらわれない様々な表現があるので、書道に詳しくない人でもアートを鑑賞する感覚で、作品を直に感じることができます。

11月18日から1月6日まで、上野の東京都美術館で、「上野アーティストプロジェクト2018~見る、知る、感じる、現代の書」展が開催されるので、現代書を鑑賞してみたい方にはぜひおすすめです。

「見る、知る、感じる、現代の書」展

2018_uenoartistproject_l

上述の千葉蒼玄先生も出品されます。
震災後の2013年に発表された作品「鎮魂と復活」のバージョンアップバージョンが展示予定とのことです。「鎮魂と復活」は、津波を表現した壮大な作品です。震災に関する新聞の記事から拾った文字で壁面が埋め尽くされています。

2013年 鎮魂と復活

IMG_5897


言語脳科学者の酒井邦嘉数氏が、2013年に「鎮魂と復活」を鑑賞した時のコメントを寄せているので、抜粋します。(『芸術を創る脳』東京大学出版会発行より)

「千葉さんは石巻市在住で、2011年の東日本大震災による津波で被災されました。作品を近くで見ると、震災に関する当時の新聞記事が、右から左へ、左から右へと、すべて墨で書き取られていて、全景が大きな波のようになっているのです。壮大なモニュメント(記念碑)です。

私はこの作品を前にして、自然と涙が溢れてきました。そこには、痛ましい震災の記事に目を背けることなく向き合い、人々に鎮魂の祈りを捧げ、そして創作に徹することで自らを奮い立たせようとする作者の姿が、はっきりと目に浮かんだからです~省略~こうした素晴らしい作品を「前衛」という枠で語ろうとすることに、私は疑問を感じました。現代の書は、文字性を失った絵画に近づいているということがよく非難されます。そして、書は芸術であるが美術ではないといった明治時代からの論争も根強くあります。なぜ、芸術を愛する人々が共通項で語ろうとしないのでしょうか」

第70回記念清和展が、下記の通り開催されます。
お近くにお立ち寄りの方はぜひお越し下さい。

会場:東京都美術館1階 第3展示室

   JR上野駅下車 徒歩10分

 

会期:平成29年12月13日(木)~12月20日(木)

   午前9時30分~17時30分

   (最終日は15時まで) 入場は閉場の30分前まで

   休館日 12月17日(月)

   

特別企画:東京都美術館展示場内(全て無料)

(1)和堂コレクション展示:和硯

(2)講演会:講堂 12月15日(土)15時~16時 / 講師 青栁貴史氏(製硯氏)
(3)  学生席上揮毫:講堂 12月15日(土) 14時~15時

(4)ワークショップ:12月15日(土)~16(日)10時~16時30分

    子供たちに毛筆で年賀状や好きな字や言葉を書いて貰います。
         インストラクターが指導します。どなたでも参加可能。時間内に会場にお越しください。


授賞式・祝賀会  
日時 平成31年1月19日(土)12時~14時

会場 東天紅上野店

 

今年も毎日書道展の季節がやってきました。
http://www.mainichishodo.org/syodoten/

18毎日会場

7月22日には、京橋にて、清和書道会の毎日展懇親会が開催されました。
今年は22名の受賞者があり、受賞者の皆さんが壇上にて紹介されました。

IMG_4816

書道人口は減っているとはいうものの、出展数32000点あまりという数はすごいです。
受賞式も2000人!

https://mainichi.jp/articles/20180723/ddp/041/040/017000c

漢字、仮名、近代詩、前衛、篆刻、などなど、所狭しとジャンルの違う作品が並んでいるので圧倒されますが、墨のアートを世界に紹介されている北井画廊の北井さん曰く「解ろうとする必要は全く無い。自分自身が気に入った作品を勝手に吟味するのだ。買うんだったら、や、部屋に飾るんだったら、を想定して観るとさらに楽しめる」とのことで、確かにそういう視点で見ると楽しめます。

公募展ではただ作品が単一に並べられているだけなので、「この作品は、もっとこういう表装や額縁で、こういうスペースで飾ったら素敵だな」というのは私もよく考えます。

例えばこちらの、千葉蒼玄先生の「宇宙背景放射2018」という作品。一見すると真っ黒い丸ですが、
近くでよく見ると細かい文字が無数に書いてあるのが分かります。千字文の文字を2018文字重ねて書いてある作品とのことで、遠くで見ると微妙な色の変化が面白い、不思議な作品です。

仮名や漢字など他のジャンルの違う作品とただ並べて陳列されていると異質な感じがしますが、広い白い壁に、どーんとこれだけ一点飾ってあったら素敵だなと思いました。アクリルで光が反射して作品がよく見えないので、アクリルなしの額で、周りに白いマットやも余白が多めにあれば黒い丸が浮かび上がって見えるんじゃないか、などと想像しながら鑑賞すると面白いです。

IMG_4801

(管理人記)

清和書道会は、戦後の戦乱がまだ収まらない昭和23年に、植村和堂と同人26名でスタートしました。和堂没後16年が経過した本年、当会は創立70周年を迎え、6月26日から7月1日まで銀座の鳩居堂にて記念展が開催される運びとなりました。

清和70周年記念_毎日新聞

IMG_4339

鳩居堂画廊の3階には、植村和堂の、主に古筆や写経を中心とする作品が並びました。

IMG_4366

IMG_4360

IMG_4362

IMG_4358

IMG_4364

IMG_4371

IMG_4357

IMG_4355

4階には、会長、副会長の軸作品他、門人たちの作品が展示されました。

IMG_4344


清和書道会創立70周年を記念し、記念展が下記の通り開催されます。
創立者の故植村和堂の作品が3階に、役員の先生方の作品が4階に展示される予定です。
お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄り下さい。

会期  平成30年6月26日(火)~7月1日(日)
    午前11時~午後7時
    (最終日は午後5時まで)
会場  鳩居堂画廊3・4階
主催  清和書道会
後援  毎日新聞社、毎日書道会、全日本書道連盟、かな作家協会

↑このページのトップヘ