カテゴリ: 展覧会

全国的に非常事態宣言が解除され、ようやく東京の美術館もオープンし始めました。

国立新美術館にて4月開催予定だった、日本の書200人選~東京2020大会の開催を記念して~が、6月11日から21日へと会期を変更して開催されました。

美術館主催の企画展は中止、もしくは延期になっているので、この時期に開催しているのは「日本の書200人選」と、書道の公募展がもう一つのみでした。

入り口では検温チェックが行われ、手指消毒をしてから館内に入ることができます。
週末ですが、館内はガラガラで、コロナ以前と比べると大分寂しい雰囲気です。

IMG_2400

「日本の書200人選」の入館料は1000円で、書道展では珍しく写真撮影は禁止でした。

IMG_2401

入り口で展覧会のQRコードからリンクをダウンロードすると、出品作品が全て検索できるようになっていました。各作品に番号が付いているので、該当番号をクリックすると、作家の経歴などが見られるようになっています。オリンピックに合わせた企画ということもあり、英語、中国語、韓国語でも閲覧が可能です。

作品一覧

IMG_2409





展示は漢字、仮名、近代詩文、前衛、篆刻と、それぞれに部屋を分けて、各部門を代表する作家の作品が展示されていました。

また、代表作家数名の制作風景を映像で流す部屋も設けられていました。自分が仮名をやっているということもありますが、土橋靖子先生の制作風景には特に興味を惹かれ、何度も繰り返し見入ってしまいました。筆の動かし方、間の取り方、呼吸、リズムなど、作品が生まれる瞬間を見ることができる、とても貴重な機会でした。

他にも、文房四宝(筆、墨、硯、紙)が展示されていたり、学生の作品も展示されていたり、オリンピックに合わせた企画として様々な工夫がされていただけに、館内がガラガラだったのはとても残念でした。



年が明けると、各地で恒例の様々な書道展が開催されます。
当会からは、下記の書道展に先生方の作品が出品されましたのでご紹介します。

銀座のセントラルミュージアムで開催された「2020年現代の書新春展」には、毎日書道展出品者の中から選ばれた、様々なジャンルの100名の作家たちの作品が展示されました。当会からは、楢原副会長の作品が出品されました。

IMG_8125

IMG_8121


代表作家たちによる様々な干支の「子」。

IMG_8118

IMG_8119

楢原萌春先生作品
柳澤桂子~月光が乙女椿に纏いつく 透くほど青き春の訪れ~

IMG_8123


銀座画廊美術館では、「2020年毎日新春チャリティー書展」が開催されました。毎日書道展を代表する265名の作家による小品が33000円から77000円で販売され、売り上げの一部は毎日新聞東京社会事業団に寄託されます。当会からは、2名の作品が出品されました。

佐藤芙蓉先生作品
冬枯れに
IMG_8114

藤倉静香先生作品
駿河なる
IMG_8116

2019年12月13日から20日まで、上野の東京都美術館で、第71回清和書道展が開催されました。
今年も、仮名作品だけでなく、バラエティーに富んだ作品が展示され、大変盛況な展覧会となりました。

IMG_7245

植村和堂遺墨
和堂遺墨

植村斉会長作品
IMG_7250


楢原副会長作品
IMG_7249


植村正副会長作品
IMG_7253



特別展として、当会の所有している田中親美先生や福田喜兵衛先生の料紙が展示されました。
IMG_7282

週末には、会員の指導のもと、子どもたちに好きな字を色紙に書いてもらって作品をお持ち帰りしてもらうというワークショップが開催されました。壁に展示されているのは子どもたちの作品です。

IMG_7311

近年は、仮名だけでなく、近代詩文書の小作品も展示されるようになりました。
IMG_7327

貝殻に書いた堀川常任理事の仮名作品「もういくつねるとお正月♪」
IMG_7288

管理人は、今年は猿蟹合戦の絵巻を2点出品しました。
書は2点とも全く同じ内容の「猿蟹合戦」ですが、一つは近代詩文書で、もう一つは仮名書道で書きました。絵も、水墨画と工筆画という違った技法をそれぞれに使用しています。

IMG_7256


【本年度常任理事昇格者作品】

頓所芳梢
IMG_7264

IMG_7266

寶来幽竹
常任理事昇格_寶来幽竹

山崎良泉
常任理事昇格_山崎良泉


【受賞者作品】

会長賞 安部裕子
会長賞

毎日新聞社賞 川畑琴舟
毎日新聞社賞

特別賞 飯田雨玉
特別賞

IMG_7261

全日本書道連盟賞 神山一紀
全日本書道連盟賞

審査員賞
審査員賞

審査員賞 桜井芳水
審査員賞 (2)

受賞者へは、和堂コレクションよりビンテージの硯と墨、仮名料紙作家の小室久さんによる料紙作品などが贈られます。
IMG_7248







「第35回 書壇受賞に輝く作家展」が、下記の通り開催されます。
当会からは頓所芳梢、大沼爽暎、田中千惠子の諸先生が出品されます。

 

会期202024()~2月9()

     午前10時~午後6時(最終日は午後4時まで)

会場:セントラルミュージアム銀座

   中央区銀座3--11 紙パルプ会館5階

主催:東京セントラル美術館

 

2020年毎日新春チャリティー書展が、下記の通り開催されます。

当会からは佐藤芙蓉先生、藤倉静香先生が出品されます。


会期:令和2年1月4日(土)~9日(木)

   10時~18時

   (最終日は16時閉会)

会場:東京銀座画廊美術館8階

   中央区銀座2丁目7−18 銀座貿易ビル

主催:毎日新聞社、(財)毎日書道会 

 

   

 

 

↑このページのトップヘ