カテゴリ: 管理人の日記

2月5日から28日まで、銀座のエルメスで面白いイベントが開催中です。

「ピアニスト」向井山朋子展@銀座エルメス

ピアノ数台を配置したインスタレーションが目を惹く空間で、オランダ在住で世界的に活躍されているピアニストの向井山朋子さんが、展示期間中、毎日時間を少しずつずらしながら演奏していくという趣向です。演奏時間は1時間ほどですが、午後3時にスタートの日もあれば、夜中の3時にスタートの日もあります。

写真は公式ホームページより
346edd83ff16d7625e92600d692a9381 (1)

あまり知られていませんが、エルメスの他にもシャネルやディオールなど、ハイブランドのフラッグシップショップにはアートイベントやコンサートを開催するホールが設けられていて、そこで多くは無料のイベントを開催しています。

シャネル ネキサスホール

今月エルメスで開催のイベントも無料で、誰でも予約なしにピアノ演奏を聴くことができます。

私が行った日は、夜の7時からの演奏開始でした。会社帰りに寄れる、ちょうどよい時間だったので、ホールは満席状態でした。

IMG_7820

観客もアートの一部になるというコンセプトなので、椅子が用意されているわけではなく、それぞれ好きな場所で床に直接座ります。希望する人にはブランケットを配布してくれます。

ピアニストご本人の書き込みがびっしりの楽譜も間近でみることができます。
IMG_7837

この日の演奏は、シメオン・テン・ホルトのミニマルミュージック。会場の独特な雰囲気と相まって、幻想的な演奏に惹き込まれます。
IMG_7839

人が多かったのがネックでしたが、「飲んだ帰り、夜中にふらりと立ち寄ってみたら人もまばらでほぼ貸し切り状態…」みたいな状況だったら、感激もひとしお間違いなしです。

なかなか夜中や明け方は行くのが難しいかもしれませんが、月の後半は午前中に演奏する日もあるので、ご興味あれば是非。

1月26日から2月3日まで、上野の「Gallery心」にて、「料紙と花」という展示会が開催中です。銀座線の稲荷町から徒歩約5分の、古民家を利用した素敵なギャラリーです。

IMG_7707

こちらで、小室かな料紙工房の小室久さんによる、美しい料紙の作品が展示・販売されています。小室さんは、茨木県常陸太田市に工房を構え、伝統的な技法で仮名料紙の制作を行っていらっしゃいます。

小室かな料紙工房

紙の染めから、版木の彫り、箔加工など、すべての工程を一人で行われているとのことです。料紙とは、主に仮名作品を書くための紙ですが、もはや料紙そのものが芸術作品です。

扇形の料紙
IMG_7706

小屏風。
IMG_7679

小屏風には、細かい絵がデザインされていますが、銀を使って、面相筆で全て手描きされているとのことでした。古筆の本を参考に、再現されているそうです。

IMG_7683

展示会期間中、こちらの2階で仮名料紙のワークショップが開催されています。天井も高く、古民家のよさをそのまま残した空間です。来年は再開発のため、残念ながらこの建物は取り壊されてしまうとのことでした。

IMG_7704

今回のワークショップでは、「継紙」という技法を学びます。
小室久さんが直々に指導して下さいます。

IMG_7678

まず、5枚好きな紙を選びます。様々な紋様や、金箔が入った美しい料紙が並んでいて、どれにしようか悩みます。

IMG_7658

選んだ料紙5枚。
IMG_7660

料紙5枚を重ね、一番上に型紙を乗せます。
IMG_7662

型紙の線に合わせて、彫刻刀を上から押すようにして、料紙に切り込みを入れていきます。

IMG_7673

IMG_7669

1枚のハガキ大の紙が、このように分かれました。

IMG_7675

このままだと、切り込みを入れた部分に凹凸があるため筆の走りが悪くなるので、裏面からやすりをかけて滑らかにします。

IMG_7681

次に、刷毛でのりをつけて、紙を貼り合わせます。のりは、小麦粉からグルテンを分けたデンプン「生麩糊」を使います。文化財の修復などに使われているもので、しわになりにくいのだそうです。

IMG_7693

生麩粉に水を混ぜ、弱火で1時間ほど煮たものを刷毛につけ、料紙の裏側に塗っていきます。

IMG_7687

自分の選んだ5枚の中から好きな色を組み合わせ、紙を貼り合わせます。

IMG_7688

完成です!
参加者それぞれ紙の選び方に個性が出て、色々な味わいの継紙がであがりました。

IMG_7701

2時間ほどの作業でしたが、実際に体験してみると、本当に様々な工程をすべて手作業で行うということがわかります。仮名料紙とはどのようなものなのか、ほんの一端でも知ることができ、貴重な体験になりました。

抽象画家の友人が、先日、70回記念清和書道展を見に来てくれました。
書道は全く馴染みがないという彼女ですが、今回の書道展に展示してあった和堂先生の書を見てこんな感想をメールしてくれました。

すてきな言葉だったので、抜粋して掲載させて頂こうかと思います。

「視界に入った瞬間から、何か高みのようなもの、静かな迫力がまわりの空間をとらえるというか、ピカソや特別な人だけが持てるような握力を感じた。このレベルまでいくと、絵も書も、ジャンルは関係ないと思いました。線だけのハナシなのに、なんでこんなに違うんだろう?力の入れ具合とか、勢いとか以外に、神秘的な何かが関わっているとしか思えないです」

遺墨 植村和堂
IMG_6952

田子の浦ゆうち出でてみれば真白にぞ
不尽の高嶺に雪は降りける
~山部赤人~
IMG_6950

今年の10月に銀座セントラルミュージアムで開催された「書道芸術院秋季展」より、千葉蒼玄先生の作品「Labyrinth」。

100人が観たら、100通りの感じ方があると思いますが、何に見えますか?

IMG_5908

私には、塊をカポッと二つに割って開いた断面図みたいに見えました。
塊は、ある宇宙や異次元世界が凝縮されたもので、右のごつごつとした模様はその世界を覆っている外側の殻、左は宇宙の中身で古代人が踊ってるみたいなかんじです。

現代書はあまり馴染みのない方も多いと思いますが、既成概念にとらわれない様々な表現があるので、書道に詳しくない人でもアートを鑑賞する感覚で、作品を直に感じることができます。

11月18日から1月6日まで、上野の東京都美術館で、「上野アーティストプロジェクト2018~見る、知る、感じる、現代の書」展が開催されるので、現代書を鑑賞してみたい方にはぜひおすすめです。

「見る、知る、感じる、現代の書」展

2018_uenoartistproject_l

上述の千葉蒼玄先生も出品されます。
震災後の2013年に発表された作品「鎮魂と復活」のバージョンアップバージョンが展示予定とのことです。「鎮魂と復活」は、津波を表現した壮大な作品です。震災に関する新聞の記事から拾った文字で壁面が埋め尽くされています。

2013年 鎮魂と復活

IMG_5897


言語脳科学者の酒井邦嘉数氏が、2013年に「鎮魂と復活」を鑑賞した時のコメントを寄せているので、抜粋します。(『芸術を創る脳』東京大学出版会発行より)

「千葉さんは石巻市在住で、2011年の東日本大震災による津波で被災されました。作品を近くで見ると、震災に関する当時の新聞記事が、右から左へ、左から右へと、すべて墨で書き取られていて、全景が大きな波のようになっているのです。壮大なモニュメント(記念碑)です。

私はこの作品を前にして、自然と涙が溢れてきました。そこには、痛ましい震災の記事に目を背けることなく向き合い、人々に鎮魂の祈りを捧げ、そして創作に徹することで自らを奮い立たせようとする作者の姿が、はっきりと目に浮かんだからです~省略~こうした素晴らしい作品を「前衛」という枠で語ろうとすることに、私は疑問を感じました。現代の書は、文字性を失った絵画に近づいているということがよく非難されます。そして、書は芸術であるが美術ではないといった明治時代からの論争も根強くあります。なぜ、芸術を愛する人々が共通項で語ろうとしないのでしょうか」

今年の公募展に出品した和製ノアの方舟。動物は上野動物園にスケッチに行ったり、衣装はお祭りに参加している人たちの衣装を参考にしたり、なるべく自分の目で見たものを取り入れるようにしましたが、波の線や、家具や船の装飾などの紋様は、色々な資料を参考にしました。

2018国際墨画会公募展

IMG_4216

調べものをするにもけっこう時間がかかりますが、そんな時、デジタルアーカイブがとっても役に立ちます。海外の美術館や博物館のサイトはとても充実していて、ものすごく勉強になるし、なにより見てるだけで楽しいです。

こちらは、スミソニアン協会のデジタルアーカイブに保存されている、森雄山1903年発行の「波紋集」。

波紋集

上、中、下とすべて保存されていて、見ごたえたっぷりです。
波が実に多彩な線で表現されていて、モダンでお洒落!
これを見つけたのは、すでに作品を描いた後だったので、描く前に出会えていたら、また違う波になっていたかもしれません。

こちらは波紋集を紹介していたサイト。英語とスペイン語のみですが、写真を見ているだけでも楽しいです。

my modern met

こちらは大英博物館の「コレクションオンライン」。

大英博物館オンラインコレクション

国立国会図書館の「デジタルコレクション」。
「仮名名蹟全集」が保存されているので、これは本を買わずに、プリントアウトして練習に使えますね!(^^)!

国立国会図書館デジタルコレクション

↑このページのトップヘ