2018年12月

来年の1月6日まで、東京都美術館で、「見る、知る、感じる―現代の書」展が開催されています。

公募団体で活躍する6名の作家を紹介する展覧会です。展示構成は2つに分かれ、前半は「見る、知る」書として漢字、仮名、現代詩文、後半は「感じる」書として、大字書や前衛書などの作品を紹介しています。

書道に親しみや興味のない方でも、「こんな書もあるんだ!」と、まさにタイトルの通り、作品を感じることのできる展示になっています。

金敷駸房先生の「槐多の瀧(部分)」。本一冊分がロール紙に書いてあります。1年かけて制作されたこの作品は、書いている時間を凝縮すると24時間約一か月ずっと書き続けたことになるとのことです。部屋いっぱいに、文字が流れるように展示してあります。
IMG_6860

菊山武士先生の「あめの記憶(部分)」。無限のバリエーションで「あめ」と書かれた小紙が壁一面に展示されいて圧巻です。

IMG_6639


学芸員の方が「この作品はぜひもう一度多くの人に見てほしいと思っていました」とおっしゃっていた、千葉蒼玄先生の「鎮魂と復活」。

IMG_6870

東北大震災のことが書かれている新聞記事が、15メートルのボードをびっしり埋め尽くしていますが、遠くから見ると、波が押し寄せてくるようです。どうやってこの壮大な作品を書いているんだろうと気になっていたら、「書いている時は幽体離脱をしているみたいに、上から作品全体を見ている自分がいる」と作家ご本人がお話されていました。

会場に数か所設置されているスクリーンには、各作家の方たちの制作風景が流れています。仮名の秋山先生の小筆の運筆が創造以上にゆっくりだったり、上記雨シリーズを菊山先生がものすごいスピードで「あめあめあめあめ」と一気に書かれていたり、他にもトークで制作のバックグラウンドを知ることができてとても興味深いので、こちらもお時間あれば御覧になることをおすすめします。

1111日 町屋文化センターで漢字勉強会がありました。講師は種家杉晃先生で、課題は顔真卿の「祭姪文稿」でした。先生がまず祭姪文稿の書き方の要点を話されたあと、受講者が家で半切に書いたものを添削していただきました。その後会場がせまいので、半紙で勉強しました。


祭姪文稿は蘭亭叙と並んで人気がありますが、草稿で他人に見せるために書いたものではないので、筆法や筆遣いが分かりにくく臨書をするのに苦労します。もっとも祭姪文稿からは、細かい筆法などではなくその気分の大きいおおらかさを学ぶのかもしれませんが。


ところで2019116日~224日 東京国立博物館で「顔真卿」展が開催されます。その時台湾故宮博物院にある「祭姪文稿」も展示され、いつもは印刷物でしか見られませんが、本物をみることができます。また、聴講には事前の申込が必要のようですが、127日(日)14時~15時 席上揮毫&トーク「古典を受け継ぐ現代の書」で石飛博光先生、鬼頭墨峻先生、仲川恭司先生が出演されます。


植村正 記

↑このページのトップヘ