かな半切勉強会が下記の通り開催されます。

日時:平成25年8月11日(日)13:00~17:00(準備・片付け含む)
場所:町屋文化センター (住所/荒川区荒川7-20-1 電話/03-3802-7111)
地下鉄千代田線町屋駅2番出口より徒歩1分、京成線町屋駅より徒歩1分
課題:半切縦書(課題の漢字、かな変換自由規定)
「秋の野や草の中ゆく風の音」芭蕉
講師:斎藤美子先生による講義
添削:(1回)全員
講評:(ワンポイント)初級者のみ
佐藤芙蓉先生、西山渓舟先生による巡回指導が受けられます。
会費:2500円(法人せいわ会員は2000円)
用具:一式(筆、墨、硯、紙)を持参して下さい。下敷き、文鎮は用意します。紙はバラ売りします。

第65回毎日書道展が、7月10日から8月4日まで、国立新美術館(最寄駅:乃木坂、六本木)で開催されます。
(作品によっては東京都美術館で7月17日から23日の展示になります。詳細は下記リンクご参照)
東京の後は京都、愛媛、広島、富山、仙台、札幌、山形、愛知、福岡で開催されます。

http://www.mainichishodo.org/syodoten/

毎日書道展は、毎日新聞社・毎日書道会の主催で毎年開催されており、内容も規模も日本最大の書道展です。
昨年は35000点を上回る出品がありました。清和書道会からも毎年出品をしています。

今年の清和書道会からの出品総点数は308点で、入選が100点となりました。
入賞者の方は下記の通りです:

   毎日賞 芳賀美和子、鈴木明堂
   秀作賞 尾崎静水、頓所芳梢、平野武子、安部裕子、豊田露蓉
   佳作賞 小泉秀草、秋葉虹春、加濃里枝、小山芳華、宮崎洋流
         川畑琴舟、木村初江、橋本柳舟、疋田千代子

毎日展表彰式と祝賀会が、7月21日に芝プリンスホテルで開催される予定です。       
 
      
      

書道のお稽古に通う時、教本、課題、時と場合によっては筆、墨汁、墨、などなど、運ぶものがいっぱい。
どうせ持つなら可愛いのがいいし、女性の方は、どんなカバンに入れたらよいか迷ったことありませんか?
普通のカバンと一緒に入れて墨が付いて汚れたら嫌だし、少なくともA4がすっぽり入る、丈夫で汚れてもよくて、かわいいカバンがないかな、と思っていたら、青海駅(ゆりかもめ)のヴィーナスフォート(3階)で、かわいいエコバッグを見つけました。

エコバッグ

こんなにたくさん種類があって(この棚の左右と裏にも色々な柄のものがいっぱい)、一つたったの500円!
ビニール素材だし、この値段なら汚れても惜しくないし、A4もすっぽり入るサイズです。
(タテ型と、ヨコ型の2種類あります。写真の本はA4サイズ)

エコバッグA4

折りたたむと手の平サイズ。
水玉、ストライプ、格子、迷彩柄、キリン柄、などなど。
目移りして、ついこんなに買い込んでしまいました。
お店の方によれば、50個とか、すごい数をまとめ買いしていかれる方もいらっしゃるようです。

エコバッグ小

どうせなら楽しい気分でお稽古に行きたいですよね。

と、最近なかなか上達しないので、せめて気分だけでもあげていきたいなと思っているのでした……。

五島美術館で、「日本の名蹟~和様の書の変換~」展が7月28日まで開催中です。
書家・古筆研究家の飯島春敬氏(1909-1996)のコレクションから日本の書の名品約100点が選ばれ、展示されています。

http://www.gotoh-museum.or.jp/exhibition/open.html

五島美術館は、東急大井町線の上野毛駅から徒歩約5分のところにあります。
立派な家が立ち並ぶ高級住宅街を歩いて行くと、美術館入り口前の大きな樹が見えてきます。
日差しの強い日には涼しげで、優雅な姿にしばし目を奪われてしまいました。

五島美術館

美術館入口です。敷地内にはすばらしい日本庭園もあって、ゆっくり休日を過ごしたい時などには最高の場所です。

五島美術館3

今回の特別展は、平安時代から江戸時代までの日本の名筆がずらりと展示されていて、とても見ごたえがあります。
私などは仮名文字もまだろくに読めない書道初心者ですが、やはり実物を目にすると、印刷されたものとは全然違い、墨の色の美しさや、なんとも言えない風合いにみとれてしまいます。「よくわからなくてもなんだかすごくいい」と心をわしづかみにされてしまう作品は、どの芸術にも共通しているから不思議です。時代ごとのすばらしい仮名文字の変換をじっくり鑑賞できるよい機会なので、あまり書道に触れたことがないという人にもおすすめの展示会です。

【古今集切 平安時代中期】
五島美術館4

【高野切 平安時代中期】
五島美術館5

昇段試験優秀作品5


昇段試験優秀作品1

昇段試験優秀作品2

昇段試験優秀作品3

優秀作品4

↑このページのトップヘ